コーヒーの酸味苦みが苦手な人もストレートで飲める淡麗薄口珈琲飲んでみました!AGF「〈煎(せん)〉レギュラー・コーヒー」 | おうちエンジョイライブラリー   

2015年12月26日

コーヒーの酸味苦みが苦手な人もストレートで飲める淡麗薄口珈琲飲んでみました!AGF「〈煎(せん)〉レギュラー・コーヒー」

私は酸味の強いコーヒーは苦手です。ストレートで飲めるコーヒーって、なかなか無いんですよ。必ずミルクか牛乳をドバドバ入れます。
そんな私でも、ストレートで飲める美味しいコーヒーがありました!

 「〈煎〉レギュラー・コーヒー」です。
日本の軟水に合うように、厳選された豆の特長を引き出す、”たくみ”な焙煎で仕上げられています。
繊細な香りと、すっきりした後味が特長の日本ならではのコーヒーです。

〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲

AGFオリジナルの「T2ACMI(たくみ)焙煎(Time and Temperature Aroma Controlled by Master’s Innovation ばいせん)」という技術が使われています。

「T2ACMI(たくみ)焙煎」とは、時間帯によって温度を変える”たくみ”な火加減で焙煎することで、コーヒービーンの化学反応を細かくコントロールし、苦みと酸味を抑えながら香りを最大化する技術です。

科学的根拠に基づいて、”おいしい”と感じる味わいや香りを実現する製品を設計することができるなんて、すごい技術なんですね。

〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲 T2ACMI(たくみ)焙煎

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」シリーズ
  • 淡麗薄口珈琲
    特長:芳醇で華やかな印象と絹のように澄んだ後味
  • 香醇濃口珈琲
    特長:香ばしい薫りと上質なコクが織りなす奥行きのある味わい

AGF〈煎〉レギュラー・コーヒー 上乗せドリップ」もあります。
カップに乗せてお湯を注ぐだけで手軽に1杯分のドリップコーヒーが楽しめます。「〈煎〉レギュラー・コーヒー」同様、「淡麗薄口珈琲」と「香醇濃口珈琲」の2つの味わいです。

急須で丁寧に淹れるように、いただきました
〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲
「〈煎〉レギュラー・コーヒー」シリーズの「淡麗薄口珈琲」をいただきました。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」外箱
外箱は開封後、スタンドになります。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」内袋


内袋正面真ん中のバルブの説明
内袋正面真ん中のバルブの説明


うちは夫がコーヒー大好きで、ドリッピコーヒーを飲むので、金属製のコーヒードリッパー(コーヒードリッパー カフェテリア(1杯用コーヒーメーカードリッパー))を持っています。
ドリッパーは紙フィルター式の方が洗うのは楽なんですが、エコではないのと、耐久性を考え、金属製のコーヒードリッパーを購入しました。

青芳製作所カフェテリア コーヒードリッパー

普段飲んでいるのはス○ーバックスのコーヒー豆ですが、今回は「〈煎〉レギュラー・コーヒー」です。
「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

お湯を注いだ後、「〈煎〉レギュラー・コーヒー」はスッとお湯が落ちてくれました。粉の粒が比較的大きめなのかもしれません。
普段はなかなかお湯が落ちてくれなくて、けっこうストレスなんですが、そういったストレスがなくてうれしいです。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

注いだコーヒーの色は普段のよりも薄めに感じます。
お味の方も、酸味や苦みがほとんど無いため、一瞬薄めに感じるんですが、澄み切った後味でコーヒーの香ばしさが表れます
原材料の豆の生産国はタンザニア、コロンビア、他だそうですが、まるで日本の緑茶のような飲みやすさです。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」の誕生には、京都の上賀茂神社で式年遷宮が行われた際、AGFが記念文化事業として、神社内の湧水を使用した「神山湧水珈琲」というコーヒーを提供したことがきっかけとなりました。
だから、日本茶を意識した商品名や香りなんですね。

酸味の強いコーヒーが苦手な私でも、「〈煎〉レギュラー・コーヒー」はストレートで飲めました。
季節の和菓子に合うような、すっきりした味わいと香りのコーヒーです。
家のお茶の時間がますます楽しみになります!



0 件のコメント :

コメントを投稿