NHK「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」が放送されるので読みました。 | おうちエンジョイライブラリー   

2016年2月17日

NHK「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」が放送されるので読みました。

NHK「放送90年 大河ファンタジー『精霊の守り人』」が来月(2016年3月)からNHK総合テレビにて放送されます。



『精霊の守り人』は「守り人シリーズ」の第1作目。
「守り人シリーズ」は児童文学作家の上橋 菜穂子(うえはし なほこ)氏の全10巻、外伝も含むと12巻にもなる長編シリーズ。

「守り人シリーズ」とひとくくりにされていますが、書名「~守り人」の主人公は、女用心棒のバルサ(ドラマ配役は綾瀬はるか)、書名「~の旅人」の主人公は第2皇太子のチャグム(ドラマ配役は小林 颯)です。

イメージです。



一気に読了、精霊の守り人
子どもが小学校高学年になったら読ませたいと思っていた作品です。
が、私が小学生の頃にはまだ発表されていなくて、話題の作品と知りながら私自身はちゃんと読んだことがありませんでした。
今回きちんと読み始めました。

メチャクチャ面白い!!

主人公、女用心棒のバルサは30歳の女性です。
児童文学の主人公でアラサーの女性って、まず無い!
しかも女用心棒なので、戦う血なまぐさいシーンばかり。
児童文学としては型破りな主人公。
ですが、40代の私が読むとすっごく感情移入できるんです!(笑)

設定がファンタジーとはいえ、大人目線でも十二分に楽しめるストーリー展開と心理描写です。
本当に面白い作品って、子どもが読んで分かりやすく、大人が読んでも面白いんですよね。
「守り人シリーズ」はそういう作品です(「獣の奏者」も面白いですよ!)。


NHK大河ファンタジーってどゆこと?
NHKドラマ「守り人シリーズ」のシーズン1は連続4回で、内容は番組公式サイトのあらすじや登場人物を見る限りでは第1作目の「精霊の守り人」。
NHKスペシャルドラマ「坂の上の雲」のように、3年の放送期間をかけて全22話で描いていく予定。

でも、守り人シリーズが全10巻としても、第1巻だけでドラマは連続で、ドラマ自体は全22話・・・話数足りないのでは??シーズン1で「闇の守り人」も放送するんでしょうか?気になります!

一方、「NHK大河」といえば、戦国時代など日本の歴史がテーマ。
twitter公式アカウントは「NHK大河ファンタジー精霊の守り人」となっています。
「NHK大河ファンタジー」はシリーズ化するんでしょうか?
テレビに若年層を呼び戻す・・・のか??

ファンタジー作品の映像化は賛否両論がつきもの。
公式サイトで、原作者上原氏のメッセージを読むと「イメージ通り」とのことですが、果たして、どうなんでしょ?
戦闘シーンはCGでできそうですが、生活感のあるシーンは説得力をもって映像化されるんですかね。
特に、ノギ屋の弁当!放送が楽しみです!!

(別番組ですが、「妄想ニホン料理」で「守り人シリーズ」料理の特番やってほしいです・笑)

NHKFMにて「精霊の守り人」再放送中。公式サイトかtwitterでお知らせすればいいのに!!

NHKFMの青春アドベンチャーにて、「精霊の守り人」が再放送していました!

2016年2月15日(月)~2月19日(金) 午後10時45分~午後11時(1-5回)
2016年2月22日(月)~2月26日(金) 午後10時45分~午後11時(6-10回)

NHKFMのトップページからパソコンで放送が聴けます。
http://www.nhk.or.jp/fm/

NHKFMが聞けるスマートフォンとタブレット用のアプリもあります。
http://www3.nhk.or.jp/netradio/app.html?area=tokyo


>>セブンネットショッピングにて「上橋菜穂子」関連書籍DVD等の売れ筋順 検索結果1位は?


価格: 972円
(2016/02/17 22:46時点 )
感想:17件

0 件のコメント :

コメントを投稿