エスビー食品「ボンヌママン」素敵なお母さん手作りの果肉たっぷりジャムを召し上がれ | おうちエンジョイライブラリー   

2018年5月6日

エスビー食品「ボンヌママン」素敵なお母さん手作りの果肉たっぷりジャムを召し上がれ

エスビー食品「ボンヌママン」
赤いチェック柄のフタ付きビンのジャムでおなじみ!

エスビー食品の「ボンヌママン」をサンプル百貨店の第62回リアルサンプリングプロモーション(RSP62)にて、試食してきました。プレゼンテーションも聞きました。





エスビー食品「ボンヌママン」
ボンヌママンBonne Mamanの意味は「素敵なお母さん」
フランスの家庭でお母さんが作る手作りジャムがコンセプト。
ちなみに、そんな素敵なお母さんのご実家は南フランスのロット地方にある人口約2000人未満の小さな村。春にはイチゴ祭りが開かれ巨大タルトが作られるそうです。

エスビー食品「ボンヌママン」
他のジャムと比べて、ボンヌママンはけっこう甘めだな~と思っていたら。
フルーツとお砂糖の比率は、フルーツ:砂糖=1:1
これがフルーツの味を一番引き出す黄金比なのだそう。

そんなわけで、お砂糖の質も、お味の重要なキーポイント。
ボンヌママンはキビ砂糖とテンサイ糖、レモンジュース、果物からとれたペクチン、どれも100%天然の原材料を使用しています。
保存料・着色料は不使用。

もちろんフルーツだって、糖度やpHなどを丁寧にチェックし厳選された果物を使用。

だから、ボンヌママンは濃厚でフルーティーなジャムなんですね。

ボンヌママンのお味は全11種類。

  • ストロベリージャム
  • ブルーベリージャム
  • オレンジマーマレードジャム
  • アプリコットジャム
  • ラズベリージャム
  • チェリージャム
  • カシスジャム
  • イチジクジャム
  • ミルクジャム
  • マロンクリームジャム
  • スライスオレンジジャム


果肉がゴロゴロ入っていたり、マロンクリーム等独自のフレーバーがあるのは、ボンヌママンならでは。
ミルクジャムはキャラメルのような味わいで、ヨーロッパではポピュラーだそうです。

エスビー食品「ボンヌママン」
試食でいただいたストロベリージャムは安定の美味しさだったので。

エスビー食品「ボンヌママン」
チェリージャムにトライしてみました!

よく考えてみると、さくらんぼって缶詰ぐらいで生食はほとんど経験ないです。
チェリージャムは思っていたよりも酸味がありました。
そして、それ以上にチェリーの濃厚な甘さが引き立ちます。

エスビー食品「ボンヌママン」
丸っこいチェリーの果肉も入っていました。

エスビー食品「ボンヌママン」
クリームチーズとよく合います。だからって食べ過ぎ注意!(笑)


エスビー食品「ボンヌママン」
ボンヌママンの公式サイトには、ジャムを使ったレシピがたくさん掲載されていました。
パンにぬるだけではなく、素材のフルーツを活かしたお料理が作れます。

特に「季節のレシピ」はクリスマスやバレンタインなど、季節のイベントにピッタリのメニューが。
母の日レシピやボジョレーヌーボーレシピなんかも(お酒に合うメニューが多め?)。

知らなかったんですけど、ボンヌママンって、エスピー食品の取り扱い商品。
公式サイトのレシピの材料には、エスピー食品のスパイスも入っています。

シナモンとかナツメグとか、ちょこっと使って放置されているスパイスがうちにもあるんです。
眠っているスパイスたちが、ボンヌママンと一緒に美味しくなったらうれしい♪

ボンヌママン公式サイトの「季節のレシピ」はこちらをご確認ください。



0 件のコメント :

コメントを投稿