おうちエンジョイライブラリー   
ラベル コスメ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コスメ の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2017年11月27日

ワクワクと嬉しいサプライズが毎月届く!My Little Box(マイリトルボックス)

ネットで話題で、以前から気になっていたMy Little Box(マイリトルボックス)。ついにゲットしました。

My Little Box(マイリトルボックス)

10月のテーマ「アート」回の感想を口コミします。

私に届いたボックスの中身は以下の通り。
My Little Box(マイリトルボックス)
  1. 2017年10月マイリトルアートボックスオリジナルクラッチ
  2. オリジナルノートブック
  3. 東京アートマップ
  4. ジェルブレ 大豆&オレンジビスケット
  5. クナイプ ビオオイル現品サイズ
  6. ラロッシュポゼ 敏感肌用化粧水
  7. マイリトルビューティ ハッピーハンドクリーム

My Little Box(マイリトルボックス)

今回は箱ではなく、クラッチポーチに入っていました。
2017年10月マイリトルアートボックスオリジナルクラッチポーチは、
地味すぎず派手すぎずのデザインで、オフィスや学校でも使えるデザインです。
A5サイズのノートが楽々入るサイズ。
中身が透けて見えない厚手の布製。金色のファスナーがアクセント。

My Little Box(マイリトルボックス)
オリジナルノートブックは両方の表紙から使えるようになっています。
「MOTS」、フランス語で「言葉」と表紙に題された側からノートを開くと、ブラッシュレタリングの説明が。
ブラッシュレタリングでは日本の文房具店で取り扱っているトンボ鉛筆やぺんてるの筆ペンできれいなアルファベットが書けます。
カリグラフィーは聞いたことありましたが、カリグラフィー用ペンを使う等、専用の道具をそろえる必要があり、敷居が高く感じていました。
でも、筆ペンなら気軽にスタートできる「アート」ですね。
筆ペンにもカラーの商品が多数発売されていますから、このノートで書き方を練習して、ギフトカードやクリスマスカードに自分で書いてみるのも楽しそう!

オリジナルノートブックの「ESQUISSES」、フランス語で「下絵」や「草稿」などの意味を持つ語の表紙側は無地のページが続きます。
何を表現するかは自分次第!
ちょっとしたメモもオシャレに見えるかも??

My Little Box(マイリトルボックス)
ジェルブレのビスケットは初めて食べました。
私のボックスに入っていた「大豆&オレンジ」味は、オシャレなSOYJOY(ソイジョイ)のビスケット版って感じ。
オレンジ風味が良いアクセントになっていました。
おいしくて4枚すぐに食べてしまいましたが、食べ応えがありました。一緒に飲み物がほしいです(笑)

My Little Box(マイリトルボックス)
クナイプ ビオオイルはグレープフルーツの香り。現品サイズ(100ml 1,800円税抜)でした。
オイルですがすぐに手になじみました。
顔や身体、髪にも使えます。
グレープフルーツの香りがとにかく爽やか。香りでちょっとした気分転換をして、お肌のケアもできて一石二鳥。

My Little Box(マイリトルボックス)
ラロッシュポゼは敏感肌用化粧水。
ほぼ無臭、無色透明。個人的な使用感はしっとり感が続きます。
私は特に敏感肌ではないため、敏感肌の人が使用するとどんな感じかはよく分かりません。

My Little Box(マイリトルボックス)
マイリトルビューティ ハッピーハンドクリームは実は今回一番のお気に入りです。
チューブのデザインがオリジナルクラッチ等と同じデザインになっていて可愛いです。
使い心地はベタつかず手になじみます。
キャップが平らになっていて、キャップ側を下にして立てられるのも、使いやすいです。
パソコンの側に置いたり、カバンに入れて持ち歩いて、ちょっとしたスキマ時間にハンドケアしています♪


・・・とまあ、こんな感じで。

2017年10月のように特にブランドとコラボしていない月でも、内容は使えるアイテムばかりで満足度が高かったです。

My Little Box(マイリトルボックス)

My Little Boxの魅力のひとつは、なんと言ってもワクワク感!

実際にボックスを開けてみるまでは中身が何かは分かりません。
きれいなデザインのボックスの中に、どんなアイテムが入っているのか?
ワクワクしながらボックスを開ける瞬間!

毎月3200円で届く、コスメとオシャレ雑貨の贈り物My Little Box(マイリトルボックス)について詳細は公式サイトをご確認ください。


2016年7月26日

徹底した無添加と食用可能な天然植物原料のこだわり!「いちえ水 自然化粧水」と「いちえ液 保湿美容液」

私は無添加化粧品を約十年間ずっと愛用してきました。
40代になってお肌の変化を感じる今日このごろ、無添加化粧品を改めて検討しています。

100%天然植物原料を使用し、化学物質完全無添加という
いちえ水 自然化粧水いちえ液 保湿美容液のモニターをすることができました。
使用した感想を口コミします。

いちえ水 自然化粧水といちえ液 保湿美容液
特長
いちえ水 自然化粧水といちえ液 保湿美容液

「いちえ水 自然化粧水」と「いちえ液 保湿美容液」は香料、防腐剤、界面活性剤、合成色素、紫外線吸収剤を不使用という徹底した無添加化粧品です。

「いちえ水 自然化粧水」の成分表示を見ると、
  • 保湿剤のグリセリン

そして以下の食用可能な原料が含まれています。
アロエ葉肉、アオキ、スギナ、ドクダミ、ヨモギ、会津高麗人蔘、レモン、センブリ、アカメカシワ、ヒマワリ、クサノオウ、ハトムギ、月桂樹、梅葉、ヘチマ、カモミール、ローズマリー、ウコン、ヤブガラシ

「いちえ液 保湿美容液」の成分には、
  • 保湿剤のグリセリン
  • 保湿剤の長崎県五島の椿油

食用可能な原料が続きます。
アロエ葉肉、イチョウ葉、スギナ、ドクダミ、ハトムギ、会津高麗人蔘、アマチャヅル、ヤブガラシ、山クルミ、ユキノシタ、ツチアケビ、シソ葉、カモミール、ローズマリー、スイカズラ、カラスウリ、ゴボウ、笹葉、ヘチマ水
使用感の口コミ

「いちえ水 自然化粧水」を使用した感想

いちえ水 自然化粧水

まず、香りが全くしません。
たしかに香料無添加とはいえ、成分には生薬などが多数含まれていますが、これらの香りがほのかにも感じられませんでした。

化粧品の香りに敏感な方には、とてもおすすめです。

また、テクスチャが水のようにサラサラとしています。

他の化粧品でエタノールが含まれていると、エタノールの蒸発しやすい特性を利用して、「肌に吸収されている」ような演出ができますが、そうした演出が「いちえ水」には一切ありません。
本当に正直な化粧品だと感じました。


「いちえ液 保湿美容液」を使用した感想

いちえ液 保湿美容液

使用の際は、しっかり振り混ぜてください。

界面活性剤不使用のため、水と椿油が分離しています。
混ぜ足りないと、手に取った時に美容液に油が浮いているようで、一瞬「え?」となりました。
よ~く水と椿油を混ぜておくと、使いやすいです。

こちらも香りが全くありません。
香りに敏感な方におすすめします。

テクスチャはトロリとしています。
のびが良くて肌にのせやすいです。


注意点
「いちえ水 自然化粧水」と「いちえ液 保湿美容液」

化粧水と美容液、どちらにも天然植物原料が含まれています。

植物に対してアレルギーのある方は使用を控えた方が良いでしょう。
アレルギーがあるかどうか分からない赤ちゃんや小さなお子さんにも使用を控えた方が良いかもしれません。

「いちえ水 自然化粧水」と「いちえ液 保湿美容液」

私の場合は特にアレルギーの反応もなく、肌の調子も良い感じです。
ここまで無添加と天然成分にこだわった化粧品も珍しいです。

お肌が敏感な方は必ずテストをしてからの使用をおすすめします。
いちえサンプルセット(いちえ水・いちえ液)」(税込400円)が販売されていますから、気軽にお試しできます。



2016年1月21日

美肌作りのための化粧品の選び方を丁寧に解説!「間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり」読了

かずのすけ著「間違いだらけの化粧品選び 自分史上最高の美肌づくり 」(リンダパブリッシャーズの本)を読みました。

自分史上最高の美肌づくり [ かずのすけ ]
自分史上最高の美肌づくり [ かずのすけ ]
価格:1,296円(税込、送料込)


著者かずのすけ氏について
化粧品評論ブロガー。1990年生まれ。大学ではタンパク質(ケラチン)と界面活性剤の相互影響についての研究を行う。
現在は大学院にて環境学と化学物質の生態リスクについて勉強する傍ら、化粧品に用いられる身近な化学物質に対する消費者意識や情報リテラシーに関する研究を行っている。
その研究の一環として、インターネットを媒体に美容化学と化粧品配合成分に関する消費者意識の教育活動を行う。企業・事業者向けのセミナー活動や化粧品のプロデュースなども行う。2013年秋よりアメーバーを拠点に活動を開始し、12か月の運営時点で月間190万アクセス以上を獲得。
本書では、女性だけでなく、老若男女が使用する石けんやボディソープ、シャンプー、リンスといった洗浄化粧品、
洗浄後に肌をケアする化粧水や乳液、美容液、クリームといった基礎化粧品について詳しく解説しています。
Amazonより引用