おうちエンジョイライブラリー   
ラベル コーヒー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル コーヒー の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

2016年4月27日

豆にこだわる焙煎珈琲マメーズ「スペシャルティコーヒーリキッド」

手軽に味わい深いアイスコーヒーを楽しむなら、MAME’S(マメーズ)「スペシャルティ コーヒーリキッド」。日本一濃いアイスコーヒーとも言われています。

自家焙煎珈琲専門店 MAME’S(マメーズ)「スペシャルティ コーヒーリキッド」

MAME’S(マメーズ)は豆の鮮度にこだわる珈琲の専門店。
そのこだわりのため、焙煎して三日以内に商品すべて焙煎日を明記して販売しています。
最近では雑誌「ミセス5月号」に、マメーズ自家焙煎工房店(鎌田)で行われる、ドリップコーヒーセミナーが紹介されました。

私は「コーヒーリキッド」ということばを知りませんでした。
すでに完成していますので、薄めたりせず、パッケージから注ぐだけでそのまますぐに飲めます。
専門店の美味しいアイスコーヒーが手軽に飲めるって、暑い日には嬉しいです♪

MAME’S(マメーズ)「スペシャルティ コーヒーリキッド」はどんなお味?日本一ってどれぐらい”濃い”のか??お試ししてきました。

2016年4月24日

おうちで手軽に手作りアイスクリーマー BRUNO「アイスクリームジャー」

おうちで食べたい時に、手軽にアイスクリームが作れたら、幸せです♪
蒸し暑い日や、冬の厳寒の中、アイスを買いに出かけるのは正直、面倒。

寝る前や朝に、ちょっとだけ食べたい、
暑い1日に何度も食べたい、
ジュースやコーヒー、紅茶など自分の好きな飲み物で、冷たいデザートを作れたら・・・
でも食べ過ぎはカロリーもお財布の中も気になる~。

いろんなワガママをかなえられるのが、 BRUNO(ブルーノ)「アイスクリームジャー」です!

BRUNO「アイスクリームジャー」

一見、レトロ風カラーの可愛いマグですが、
内カップに保冷剤が内蔵されているのがポイントです。中に入れた飲み物を冷やすことができます。

>>【アイスクリームメーカー】アイスクリームジャー BRUNO (ブルーノ)(楽天市場)

2016年4月23日

第2回セブンアフィリエイト新作商品展示会のお土産リスト

第2回セブンアフィリエイトの新作商品展示会に行ってきました。

第2回セブンアフィリエイトの新作商品発表会
第2回セブンアフィリエイトの新作商品発表会

「オムニ7」という、セブン&アイ・ホールディングス(セブンプレミアム、イトーヨーカドー、ロフト、西武・そごう、アカチャンホンポ、セブンネットショッピング)のグループ各社の商品をネットで手軽に買えるサイトがあります。

セブンアフィリエイトは、そのオムニ7の商品について、自分のブログで記事を書いてリンクを貼ると、売れた商品代金の数パーセントが報酬としてもらえるシステムです。

今回2回目となる、新作商品展示会では、セブン&アイ・グループ各社の新作商品を実際に見たり試食したりでき、また企画した担当の方から商品のおすすめポイントのお話を聞くことができます。


2015年12月26日

コーヒーの酸味苦みが苦手な人もストレートで飲める淡麗薄口珈琲飲んでみました!AGF「〈煎(せん)〉レギュラー・コーヒー」

私は酸味の強いコーヒーは苦手です。ストレートで飲めるコーヒーって、なかなか無いんですよ。必ずミルクか牛乳をドバドバ入れます。
そんな私でも、ストレートで飲める美味しいコーヒーがありました!

 「〈煎〉レギュラー・コーヒー」です。
日本の軟水に合うように、厳選された豆の特長を引き出す、”たくみ”な焙煎で仕上げられています。
繊細な香りと、すっきりした後味が特長の日本ならではのコーヒーです。

〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲

AGFオリジナルの「T2ACMI(たくみ)焙煎(Time and Temperature Aroma Controlled by Master’s Innovation ばいせん)」という技術が使われています。

「T2ACMI(たくみ)焙煎」とは、時間帯によって温度を変える”たくみ”な火加減で焙煎することで、コーヒービーンの化学反応を細かくコントロールし、苦みと酸味を抑えながら香りを最大化する技術です。

科学的根拠に基づいて、”おいしい”と感じる味わいや香りを実現する製品を設計することができるなんて、すごい技術なんですね。

〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲 T2ACMI(たくみ)焙煎

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」シリーズ
  • 淡麗薄口珈琲
    特長:芳醇で華やかな印象と絹のように澄んだ後味
  • 香醇濃口珈琲
    特長:香ばしい薫りと上質なコクが織りなす奥行きのある味わい

AGF〈煎〉レギュラー・コーヒー 上乗せドリップ」もあります。
カップに乗せてお湯を注ぐだけで手軽に1杯分のドリップコーヒーが楽しめます。「〈煎〉レギュラー・コーヒー」同様、「淡麗薄口珈琲」と「香醇濃口珈琲」の2つの味わいです。

急須で丁寧に淹れるように、いただきました
〈煎〉レギュラー・コーヒー 淡麗薄口珈琲
「〈煎〉レギュラー・コーヒー」シリーズの「淡麗薄口珈琲」をいただきました。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」外箱
外箱は開封後、スタンドになります。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」内袋


内袋正面真ん中のバルブの説明
内袋正面真ん中のバルブの説明


うちは夫がコーヒー大好きで、ドリッピコーヒーを飲むので、金属製のコーヒードリッパー(コーヒードリッパー カフェテリア(1杯用コーヒーメーカードリッパー))を持っています。
ドリッパーは紙フィルター式の方が洗うのは楽なんですが、エコではないのと、耐久性を考え、金属製のコーヒードリッパーを購入しました。

青芳製作所カフェテリア コーヒードリッパー

普段飲んでいるのはス○ーバックスのコーヒー豆ですが、今回は「〈煎〉レギュラー・コーヒー」です。
「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

お湯を注いだ後、「〈煎〉レギュラー・コーヒー」はスッとお湯が落ちてくれました。粉の粒が比較的大きめなのかもしれません。
普段はなかなかお湯が落ちてくれなくて、けっこうストレスなんですが、そういったストレスがなくてうれしいです。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

注いだコーヒーの色は普段のよりも薄めに感じます。
お味の方も、酸味や苦みがほとんど無いため、一瞬薄めに感じるんですが、澄み切った後味でコーヒーの香ばしさが表れます
原材料の豆の生産国はタンザニア、コロンビア、他だそうですが、まるで日本の緑茶のような飲みやすさです。

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」

「〈煎〉レギュラー・コーヒー」の誕生には、京都の上賀茂神社で式年遷宮が行われた際、AGFが記念文化事業として、神社内の湧水を使用した「神山湧水珈琲」というコーヒーを提供したことがきっかけとなりました。
だから、日本茶を意識した商品名や香りなんですね。

酸味の強いコーヒーが苦手な私でも、「〈煎〉レギュラー・コーヒー」はストレートで飲めました。
季節の和菓子に合うような、すっきりした味わいと香りのコーヒーです。
家のお茶の時間がますます楽しみになります!